魚類剥製工房 東海釣魚堂のブログです。名古屋 おさかな3D!


by choogyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

www.choogyo.com

ブログパーツ

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

COP10リポート ②

HPのギャラリーに、アマゴ、ヤマメ、
ニジマス、ワカシを追加しました。
見てね!!


COP10リポート①から(10月28日ブログより)
渓流釣師は、なぜ山を見るのかということでした。

続きです。
広葉樹のある森は、樹木が葉を落とし、土の養分や土そのもの
になります。
スギのような針葉樹は、常緑樹といい、1年中、葉をつけており 葉を落とすことは
ほとんど無いので大地に養分を与えることは、あまりありません。
針葉樹も広葉樹といっしょに育つことで、より大きくなれるのですが、植林の森は
間伐など人が管理しないと森そのものが崩壊してしまいます。
     植林の森は、生物多様性とは、ま逆の生物単一性を人が人工的に造った
     森なのです。お金を儲けるために・・・実際は儲からなかったので放置
     した結果が今の状態を生み出しています。クマも被害者です。              

いっぽう広葉樹(クヌギなど)は、果実をつけることで、食料を森に与えます。
花や樹液も豊富に出しますので、動物や昆虫も多く集まります。
つまり、広葉樹の多い森は、魚のエサとなる陸生の昆虫が、格段に多い、
川に養分を供給する土壌が豊か、すなわち、生物が多様である1つの例です。

ワタカ
e0198329_16431880.jpg

琵琶湖の絶滅危惧の固有種です。
     アシの減少(湖の広葉樹といっても良いと思います。海では干潟や
     藻場が広葉樹と同じ役割です)で生息数が減っています。
     また、外来種との生息場所の重複で、捕食者が増えたのも原因の
     一つです。

そして、もうひとつ、渓流釣り師が(私が)針葉樹を嫌う訳があります。

それはスギなどの性質によるものなのですが、針葉樹は
根を地中に入れずに、地表を這わせる性質があります。
これに対して広葉樹は、地中深く根を張ります。
     ブナは、保水性が高い広葉樹の1つです。幹に耳を付けると木の中を
     流れる水の音が聞こえることもあるとか。

手入れされていない、細い針葉樹だけの森(多様でない森)は、うす暗く
広葉樹(落葉樹)が育たないので、土や養分が新しく供給されず、
広葉樹の根がないので雨水も、溜まることがなく、
土は、さらに流れやすくなります。

結果として川はどうなるでしょう
雨が降ると、すぐに増水する、安定しない川となり、土砂が流れ込むので
川底が埋まり、魚は、外敵から身を守る隠れ場所がなくなるだけでなく、
森に昆虫が集まらないので、エサとなる昆虫(水性幼虫)も激減することに
なります。危険が多く、エサがないのですから、
よい魚が育つはずがありません。

バランスの良い管理された山  木曽、赤沢休養林
e0198329_16435713.jpg


中流のアユにしても、上流の山が荒れて、雨が降ればすぐ増水して濁るように
なれば、苔も洗い流されてしまいますので、アユも大きくなれません。
矢田川では、自然遡上は増加しいるのに、成長はここ数年悪化している
そうです。
原因がわからず、研究中とのことでした。
ひょっとしてこのあたりかな・・・・とも思いますが
(豊田市矢作川研究所)

海で、正常な山や広葉樹に相当するのは、干潟であり藻場(遠浅の海岸)であり、
湖ではアシ原であることも重要です。
また、これらの場所はすべて生物が多様であるゾーンであることを忘れては
いけませんね。

また、山が荒れますと、治水という名の負の連鎖が始まります。
1つの例として、
人間が手入れを怠ると山が荒れる→土砂が出る→砂防堰堤を作る→ダムを作る
→海に流れる土砂が減る→海岸が浸食される→テトラポットを入れる といった具合です。

山を自然に戻し、保水力のある天然のダムとすれば、負の連鎖は、かなり
解消され、良い連鎖が生まれるのではないかと思います。
新たな公共事業として、雇用も生まれるはずです。
生物多様性の問題は、経済としての側面も大きいのですね。

COP10参加のおもしろサイトのご案内②
豊田市矢作川研究所   
魚のゆりかご水田     
愛知県水田生態系 
海洋管理協議会     
長良川河口堰について管総理、しっかりしてちょ 応援しとるでよ)
天野礼子さんブログ
生物多様性条約市民ネットワーク  

愛知県のブースから、農業と里川を利用して安全な米つくり
e0198329_16443936.jpg

ミニ魚道です。稲作にもお魚は重要なのですね。
   遡上実験をしていましたが、これが結構登るのですよ
   そう言えば、昔の田んぼには、フナやメダカ、ドジョウなんかいっぱい
   いたっけな、田んぼに入って怒られたりとか・・・(小学生のころ)
   用水には、ライギョもいたっけ、カエルで釣るのだ!!
   (ルアーじゃないよ、生カエルです)
   何で、こんな魚道が必要になったのか?
   おもしろサイトをご参考ください。

渓流はオフシーズンですし、解禁までは、まだちょっとありますので、
海釣りや高原川のご紹介なども考えております。
[PR]
by choogyo | 2010-11-29 17:23 | | Trackback | Comments(0)

木曽の秋です

毎年恒例の木曽、紅葉見学です。

今年のルートは、
赤沢休養林→七笑酒造→馬篭といたしました。

まずは、赤沢休養林ですが、ここは上松町の小川(結構おおきな木曽川の
支流です)の最上流となります。
小川は、お世話になっているお気に入りの支流で、本流では、尺アマゴ、
尺ニッコウイワナ、また、ある支流では、珍しいヤマトイワナも釣れる河川です。

 小川で釣った完全なヤマトイワナ
   側線上部には、斑点が1つも無く、側線下にはオレンジの斑点のある
   図鑑どおりの魚体(25センチくらい)
e0198329_183279.jpg


上流は、赤沢と黒沢に分かれますが、右岸から入り込む赤沢は、周年禁漁区
ですので注意してください。
この赤沢上流が休養林として観光スポットになっています。
木曽ひのき、すぎの名産地で、伊勢神宮に奉納するひのきや
すぎもこの山のものだそうです。
営林署もしっかりしていて、理想的に管理された山ですので、川も魚も抜群ですね。

 トロッコ
e0198329_18331270.jpg

 赤沢 上流部
e0198329_18341534.jpg


トロッコで最上部までいって、帰りは散策路を歩きですが、保護区だけあって
いたるところにアマゴが定位しています。
尺上もいっぱいいそうな、そんなポイントの連続です。
上流にこのような保護区があると、本流にも適度に魚が供給されるので
きれいな天然が毎年釣れるのでしょうね

 定位するアマゴ 20センチ強くらい
  こんなのは、そこらじゅうに泳いでいました。
  残念ながら、尺物は見られず、産卵で登ってしまったのでしょうか
e0198329_18344323.jpg


真夏は、川で泳いじゃう子供さん達が多数出没しますので、梅雨明けあたりまでが
釣りには良いですね、本流は水取り堰堤上流からがお勧めです。
黒沢入り口には、ゲートがあって車は入れませんが、こちらは禁漁区ではありま
せんので釣ることはできます。結構奥深い沢で、水量は赤沢と同じくらいです。
入り口に結構広い駐車スペースがあります。
(車にバイクを積んでおくと便利かも)

この川の林道は、バスが通りますので、駐車には十分注意してください。

小川と山
 広葉樹と針葉樹が適度に混生する理想的な山
e0198329_18354522.jpg

 
さて次は、木曽福島まで車を走らせて、銘酒、七笑(ななわらい)を購入です。
今回は、奮発して「大吟醸」にしました。
木曽を代表するお酒ですが、生産量が多くないのか、名古屋でもあまり見かけま
せん。 フルーティでうまい酒ですよ。(もちろん冷で)
ネットでの通販も出来るようです。


帰りがけに、馬篭 に立ち寄りました。
金曜日なので、比較的すいています。
去年は、土曜日でしたが、道は人であふれて、どこに入るにも行列で・・・
今回はのんびりです。
 木イチゴのジャムとイナゴを購入、かみさんは、きんつばとなぜか白菜を購入
 どでかい白菜が、1個200円 たしかに安い

 お土産
e0198329_18363322.jpg

[PR]
by choogyo | 2010-11-19 18:55 | | Trackback | Comments(0)

管釣りにいきました

一気に秋が深まってきました。
COP10の②は、月末にいたします。

奥さんにせがまれて、長島の「なばなの里」に行ってきました。
大花壇のコスモスが満開で、ボタン、秋バラといったところです。
もうすでに、冬のイルミネーションの準備が始まっています。

コスモスは、木曽川上流の開田高原などに、晩夏にいくと、そこらじゅうに
自然に?咲いているので、私としてはあんまし感動は、なしです。
道端に咲くコスモスのほうが好きですね。

で、私は、地ビールとしじみコロッケで至福のひと時
「しじみコロッケ」 
これがうまい、安い、お勧めです。

メダカが特別展示です。なんかさびしいと思うのは私だけかな

メダカ看板
e0198329_13144431.jpg


さて次は、管理釣り場で遊んできました。
(今週は遊びまわっております、他にも予定ありっス)

長野県の南端の平谷湖フィシングスポットです。
管理釣り場のほか、キャンプ場もあり、オーナーは、冬はスキー場
経営されているとか、近くにひまわりの湯もあって
オールシーズンたっぷり遊べるところです。

紅葉の平谷湖フィシングスポット ロッジ
e0198329_13273254.jpg


土、日はにぎやかですが、今回は、金曜日とあって、比較的すいていました。
「おはようございます」とふきちゃんのお出迎えです。
ふきちゃんのブログもね

いつもの通り、フライで開始
今朝は、結構ライズがあったので、ドライからはじめます。
クリームのソラックスダン#16に良く反応、やっぱドライはおもろい。
さいさき良く、5-6尾をキャッチ、入れるとしばらく周りをウロウロ
おもむろにパクリ、とか真下からいきなりアタックとか
見えるのでドライは、楽しいですね。
(フィールドでは、ドライか、ウェットの釣りが中心です、
  ニンフは、テンカラか管釣りで使用します)

フライ 岩井渓一郎風 ソラックスダン・ドライ
手巻きです。へったくそですが、釣れると嬉しいです。
(写真はフィールド用で返しあり)
e0198329_1329775.jpg


ライズが収まったので、私の標準パターン、ウェイト入りの金玉クン達、
に変更、黒とダークグリーンが主体です。
ラインは、フローティングですが、水深が2m程度なので、ラインを
インジケータがわりに、しっかり沈めて、引きます。
底には、結構大型が残っています。浮いてくるのは小型が多いようでした。

魚のあたりは、引きを止めたときのライン先端の動きで取っています。
水深が浅いので、あまりレンジコントロールは意識する必要はないと思いますが
カウントダウンと引きのスピードで調整します。
レンジが特に浅いときは、ウェイト無も使います。
私の場合、インジケータは、極力使用しません。


ここでは初めて見るのですが、アルビノが沢山入っていました。
でもこれが釣れないのです。目立つのでみんなに狙われるのでしょうね
そこで、必殺? 湖面たたきをやってみます。
スローシンキングのフライで、フライだけを湖面にたたきつけます。
(まるでペレットが落ちたように)
すぐに引き上げて、連続でたたきます。
魚に見切られないように、寄ってきたらピックアップです。
(よって、近距離しか出来ません)

フライ フェイザントテール・ニンフ とヘアズイヤー・ニンフ
e0198329_1330290.jpg


すると、だんだん食い気の有る魚だけが集まってきます
(恐怖心のある個体は逃げる)
そして、落ちたフライへの反応速度がだんだん早くなります。
ここで、少し長く沈めますと、水面下20センチくらいで食いつきますよ。
完全な見ヅリですで、あわせ切れに注意、早合わせに注意、
魚のお口がしっかり閉じてから、ゆっくり合わせを入れます。
(この釣り方を禁止しているところもあるようなので、レギュレーション
  をご確認ください。)

変な奴が食いつきそうなら、ピックアップしてしまいます。
1匹掛けると散ってしまうので、狙いをしぼります。
これをやるとたまに、底のほうからいきなりでかいのが割り込みしてきます。
ブラウンが多いかな、突然現れるのでビックリ、おお合わせ、ラインブレークと
いうパターンが多いです。

あたりが無くなって子供が退屈したとき、これをやると子供も興奮します。
わが息子も、中学まではよく一緒に来たのですが、高校生になったら
付き合ってくれませんです。
息子には、管釣りで勝ったことがないので私としては勝負したいのですが・・・

で、で、でぇ
やっとやっつけましたアルビノです。
(ちょっと・・だいぶ小ぶりなのが食っちゃいました)
アルビノ
e0198329_13305588.jpg


50upは出ませんでしたが、40代も混じって、手が痛くなるほど釣りましたよ、
3時納竿、ひまわりの湯に直行です。
(1日釣り券には、ひまわりの入浴券が付いていますのでお得です)
[PR]
by choogyo | 2010-11-09 13:34 | | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

カテゴリ

全体
ようこそ釣魚百態へ



トピックス

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧