魚類剥製工房 東海釣魚堂のブログです。名古屋 おさかな3D!


by choogyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

www.choogyo.com

ブログパーツ

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ルアーを作ってみよう①


すみません、釣行は、やはりくじけてしまいました。
もんもんとしながら、本年用のルアーを作成してみました。

私の渓流ルアー釣では、ミノーも多用しますが
その多くは自作のハンドメイドです。
そこで、簡単にできるミノーの作り方をご紹介いたします。

高額なルアーだとなかなかタイトに攻められませんよね
自作の良いとこは、そんなポイントをガンガン攻めることが
出来ること、材料費の1個あたりはかなりお安いです。
ウレタンのロスを入れても、200円もしないかな

それに、みんなが敬遠するシビアなポイントには、
結構な大物がいたりするのよね・・・

まず材料です。
①杉や檜などの角材(10x10など)
  これが私のルアーの特徴です。
  バルサは浮力が大きく軽いのでたくさんの
  重りがいります。
  タングステンなどの高比重の材料は手に入りにくいこと
  バルサは、左右2つを貼り合わせすること
  などから、加工はしやすいでいすが、使わないようになりました。
②ステンレス針金 0.7ミリ位
③がん玉おもり、今回は1号とB号を使用しました。
④1液ウレタン(釣具店で補修用として売っています)
⑤塗料、プラモ用でかまいません
  カラーペンも面白いです。
   今回はCOPICカラーペンも使用しました。
⑥クリップ  ルアーを釣り下げたり、テスト用のフックの
 代用として使用します。
⑦目レンズ(釣具店にあります、結構高いので他のもので
      代用も良いし、ラバラのように塗料で書いてもいいです)
⑧パテ
⑨キッチン用アルミテープ
⑩アクリルやペット板の1.5ミリ
⑪フックとスプリットリング お好みでいいです

道具
①カッター、ペンチ、ニッパ、釘、糸のこ、など
 余裕があれば、リュータの準備をお勧めします。
 模型用の電池式の安物で良いです。
 ホームセンターなどでは、替え刃つきで1000円くらいの
 ものもあります。

e0198329_10245080.jpg

まず、ルアーの型をボール紙やプラ板で切り抜きしましょう。
市販のルアーから型取りするのが最初は良いと思います。
型には、アイの位置に印をつけておくと便利です。

e0198329_10253621.jpg

角材に、型をあててマジックで書いていきます。
角材1本有れば、小さなものなら10個くらい取れますよ


e0198329_10261730.jpg

 糸のこで大雑把に切り出しします。
  リュータにマルのこ刃を取り付けると、楽です。
 今回は、60ミリのスタンダードミノーと45ミリ
 のミノー2種を作成してみます。
 小型の1つは、型からもわかるように「バッタ」です。
 私の傑作?の1つ、夏のイワナには絶大な威力を発揮しますよ。
 (自画自賛、思い込みかも・・・)

 うまく出来たらプレゼントいたしますので
 お楽しみに!!
e0198329_10265397.jpg

  角を落して、腹部に糸のこでワイヤーの入る溝を付けます。
  やすりやナイフで削って成型しましょう。
  手を切らないようにご注意ください。

  目レンズを入れるくぼみやエラを付けても良いです。
  これもリュータでやると楽勝です。
 
e0198329_10272127.jpg

  ステンレス線を曲げて、T型にします。
  アイの部分は、釘に巻いて、ペンチで締めるといいですよ
  型紙から、ベースを板と釘で作成して
  巻き付けると、同じものを大量に短時間で作ることが
  出来ます。

e0198329_10275360.jpg


  おもりの位置にリュータでくぼみを作ります。
  標準として、センターアイの前にがん玉が入る
  位の穴を作りましょう
  リュータが無いとちょっと苦労するかも・・・

  がん玉おもりをワイヤーに軽く挟んで、ボディのくぼみ
  に入れましょう。
  今回は、大きめのミノーには、がん玉B号を 小型の2タイプは
  1号を入れています。

  おもりの重さは、作成する形によってさまざまです。
  この段階で、浮いた時の具合を確かめておきます。
  1つの型に対して1個やればよいです。

  
  やり方ですが、針とスプリットリングの重さにほぼ等しい
  クリップ重りを作ります。
  おおよそですが、渓流用のルアーなら、1つのアイに
  クリップの小1個で良いでしょう。

  クリップをアイに付けて、水に浮かせてみます。
  体高の1/4位が水面に出ている位に重りの量を調整するか
  ボディを削ります。
  溝におもりを差し込みしてみましょう。
  量と位置を確認します。

  テストに使った個体は、水が浸みていますので、
  十分乾燥させてから、続きを作成してください。

  注意するのはその時の姿勢です。
  水平か、やや前が沈むような姿勢ならOKです。
  後ろが沈む時は、前を削るか、前におもりを追加します。

  ボディが細長いときなどは、おもりを使用せず
  ワイヤーのみとする時もありますよ
  シンキングにする時は、かなりおもりを入れることになります。
  場合によっては、ボディ腹部全体におもりを入れることも

  また、角材は物によって浮力に差があります(バルサでも同じ)
  ので、このような、ある程度の後調整が必要です。

  今回は、スタンダードでは、板おもりを溝に入れて調整
  (B号1個分)
  小型の1種は1号の半分をセンターアイの後方に追加
  もう1つは、ボディの幅を薄く削って調整しました。

e0198329_10282118.jpg


  瞬間接着剤でワイヤーやおもりを固定した後で、隙間のスリット
  に角材のくずやバルサのあまりなどを接着して埋めましょう。
  乾燥したら、飛び出したところを削ります。
  またその他の隙間や穴は、パテで埋めます。
  今回はプラモ用のパテが余っていたので使用しました。

e0198329_1029251.jpg

  これで成型が終了しました。
  この後、ウレタンに2回ほどデッピングして、サンドペーパー
  を掛けます。
  これで、下地が完成しました。
  ウレタンにどぶづけ(デッピング)する時に、クリップを
  広げてS字にして使うと便利です。
  たれるので、下にはビニールを敷いておきましょう。

e0198329_10292391.jpg


  次回は、表面の塗装です。
[PR]
by choogyo | 2011-03-29 11:12 | | Trackback | Comments(0)

被災者の皆様へ

東北関東大震災の被害に遭われた多くの
皆様に心から、お見舞い申し上げるととも
に、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に
対し、深くお悔やみを申し上げます。

また、救助、復旧にあたっておられる方々に
心より敬意を表します。

私も、出来ることをしておりますが、
小さな事しか出来ません。
1つ1つはマッチのような小さな光ですが
全国、全世界から、集まってきています。
きっと大きな光、力となって被災地の皆様へ
お届けできると信じております。


毎0日は、「釣魚百態」の更新予定日ですが
今回は、更新を中止させていただきます。
[PR]
by choogyo | 2011-03-20 09:45 | トピックス | Trackback | Comments(0)

春の小旅す

春の小旅です。

さて、春の日差しが感じられるようになりました。
先週と今週は、かみさんのリクエストにお答えして
ちょっと近郊にブラっと出かけてみました。

少しお付き合いしておいて、気持ちよく釣りに出かける
準備とでも言っておきましょうか・・・

まずは、先週、安城市のデンパークへ
デンパークは、デンマークの街並みをイメージして造られた
植物公園です。
お花の季節には少し早かったのですが、暖かな春の日差しは
いっぱいでしたよ。
かみさんは、このごろお花ばかりです。
昔は一緒に管釣りなどにも行ってたのですが・・・

デンパーク
e0198329_9184049.jpg


園内では農業機械のクボタの展示会が行われておりました。
このトラクターは、おいくらだと思いますか?
トラクター本体が約350万円、先端のオプション機器が約150万円
合計500万円です。
特殊車両ですが高いのね、農家さんの設備投資も大変そうです。

トラクター
e0198329_919795.jpg


私は、お魚を探しますがここには一匹もいませんでした。
ただ、ハス池で、冬眠からさめたばかりのカメさんを発見、
水辺にも春は来ているようです。

カメさん
e0198329_9193059.jpg


デンパークで最高なのは、ソーセージと地ビール
行かれた時はお試しあれ、後悔しませんよ

ビール
e0198329_9195089.jpg


お魚を見ることが出来なかったので、
今週は、岐阜の梅まつりのついでに、
ハイウェイオアシス 川島パーキングに寄ってみました。

ここは、パーキングエリアなのですが、木曽川水園に高速から
直接入園することが出来ます。
私の目的は、もちろん世界淡水魚園水族館です。
アクアトトぎふ
東海北陸自動車道をご利用の際は、一度は行ってみると良いですよ
長良川水系の魚類から、超巨大なメコンオオナマズまで
何度来ても、私は飽きないですね。

ハリヨのコーナーが新設となつていました。

ヤマトイワナの展示もありました。
自然界では、交雑していることも多く、純潔のヤマトは
なかなか見れませんので、じっくり観察いたしました。

ヤマトは、朱班のみで、側線から上部に斑紋が無いのが
特徴です。
小型では背中にパーマークと同じような大きな斑紋が
出ることもあります。
中部山岳で、イワナ釣りをされるなら一度本物を
見ておくことをお勧めします。

ニッコウイワナと交雑すると、側線上部にわずかに
白斑があることがあります。
背中に斑紋があったら、それは完全なニッコウですね。

紀伊半島のヤマトは、キリクチと呼ばれておりますが
環境省のまとめたレッドデータブックでは
「絶滅の恐れのある地域個体群(LP)」に指定されています。
もし釣りあげたら、そっとリリースをお願いします。


ヤマトイワナ
e0198329_9201658.jpg


アユの展示があったのは驚き
年魚のアユは、産卵したら死んでしまうのですが
ここでは生きています。
何らかの方法で成熟を止めたのでしょうね
3倍体でしょうか
みんな8寸近くの大型ばかりです。

アユ
e0198329_9204579.jpg


弊社取り次ぎ店の、川魚問屋、ひゃくわ亭さんも、ここに活魚を入れてるとの
ことでした。
今度、アユの秘密を聞いてみよっと

次回は、釣の事を書けると良いなと思っています。
(この頃、軟弱なのでくじけるかも・・・)
[PR]
by choogyo | 2011-03-10 09:26 | | Trackback | Comments(0)

渓流 解禁です。

いよいよ、2011年の渓流解禁です。
本日は、雨模様ですが、暖かです。
みなさん釣れていますかね


2月末は、春の日差しがポカポカと・・・

今週は、そろそろ市場にも春らしいお魚が並ぶのでは
と思い、一色のおさかな市場をのぞいてみました。

市場

e0198329_1013698.jpg


一色さかな市場は、地場のお魚が並びますので、私の好きな市場です。
どことは言わないけど、まぐろを並べたり、解凍エビを並べる市場も
有りますよね。
街中なら良いけれど、海沿いの港で新鮮なお魚をと思って
中に入ったら、こんなんだとガッカリです。
一色は、そんなことは無く、期待を裏切りません。



ふと活魚コーナーを見ると、イシガレイがおるではないですか
この前豊浜で釣ったよね・・・
(12月10日参考)

ン   1800円
大きさも おんなじ30cm 
意外と高いんだ   ムフ

活魚

e0198329_10134039.jpg


なんかちょっと得した気分になったところで
剥製サンプルを作成できるようなものが無いか物色開始です。

ド迫力の天然ヒラメがあったけど、18,000円は、ちと手が出ず。
あとは、クロとスズキ、クロはちょっと小さめ
スズキは、産卵明けでだいぶ戻ってはきたけど、まだヤセ気味
マダイは、ン・・養殖だぁ
と、今回は見つかりませんでした。

天気も良かったので、ちょいと竿出してみましたが、干潮ど真ん中
で、あたりもなしです。


工房ニュース

e0198329_10144661.jpg


イシグロ釣具、名東引山店さんの剥製の展示状況です。
レジのすぐ横です。(ワカシです)
見に来てね
カタログに、お魚カードが付いています。
お財布のカード入れにどうぞ


e0198329_10151318.jpg


徳永プロのヒラマサ
ほぼ塗装が終わりました。
これから、表面の艶出しです。

e0198329_10153683.jpg


ギャラリーにルアーをくわえた状態で飾りたいけど
ルアーは何がいいかな・・・

ヒラマサならこれだよ!と
イシグロ釣具  名東引山店長、Iさんに選んでいただきました。
バックは、徳永プロからいただいた、今回のヒラマサの写真
玄界灘の、27.4Kgです。
[PR]
by choogyo | 2011-03-01 10:24 | | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

カテゴリ

全体
ようこそ釣魚百態へ



トピックス

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧