魚類剥製工房 東海釣魚堂のブログです。名古屋 おさかな3D!


by choogyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

www.choogyo.com

ブログパーツ

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

簡単ルアーを作ろうの2回目です。

さて、ルアーを作ろうの2回目です。

簡単に、作成するのが今回の趣旨なので、塗装の行程ですが
スプレーガンなどを使用せず、子どもさんでも出来る
というものにしてみましょう。

GW中にチャレンジしてみるのも、良いかと思います。

前回まででは、ボディの成型、ワイヤー、ウエイトの埋め込み
が終わった状態で、2回ほどウレタンにディッピングしています。
(1回目は、画面右の、2011年3月をクリック)

では、着色です。

スタンダード、ワカサギでは、目周りに、黒、腹に白、エラに赤を着色します。
簡単にするには、子供さんが学校で使用する水彩絵の具やアクリル絵の具
を少し濃いめに溶いて筆塗しましょう。
完全に乾燥したら、クリアのラッカーを2回ほど軽く吹けば
色が固定されます。

下塗です。
e0198329_8594564.jpg


次に、プラ板1.5ミリでリップを作成し、取付しましょう。
リップの幅は、取り付けるボディの幅くらい
形は自由ですが、最初は長方形が良いでしょう、少し長めに切り出して
おきます。

ボディにリップを差し込みする溝を作りましょう
入れる位置は、センターアイ~頭の先までの1/3位の位置になります。
角度は、最初は失敗しないように、ヘッドアイとテールアイを結んだ
ラインに対して、45度で作成するのが良いでしょう。

リップ(慣れたら、取付は、アルミを貼った後や最後でもよいです)
e0198329_902810.jpg


ボディの下にワイヤーが入っていますので、ワイヤーまで切らないように
糸ノコで溝を作ります。
溝の幅が足りない時は、リュータやナイフで広げます。
ここに、プラ板の一方を溝の形に合わせて、切り込みを作り、はめましょう。
瞬間接着剤などで固定します。
この後、1回ウレタンでデッピングしますが、頭を上にしてつけてください。
下にすると、リップの先端にウレタンの溜まりが出来ます。
溜まりが出来たら削れば良いのですが、この後にスイムテストをしますので
ここで出来ると面倒です。

仕上げに入る前に、リップのついた状態でテストしてみましょう。
ウレタンでコーティングしているので、水の染み込みも大丈夫です。
お風呂などでやってみましょう。
針の代わりのクリップを付けるのを忘れずに

調整の方法です。
まず、ブリブリと泳ぎすぎるときは、ヘッドアイをペンチでつまんで
ほんの少し、背中側に位置をずらせます。
泳ぎが足りない時は、今度はリップ側に位置をずらしましょう。
これは、ヘッドアイの上下による調整です。

次は左右の調整です。
ルアーを引くと左右どちらかに曲がるか、どちらに傾いていると思います。
曲がった方向、傾いた方向と反対の方向に、今度は左右にヘッドアイを
曲げて調整します。
市販のルアーも同じ調整で出来ますよ。

リップは長めにしてあるので、ここで適当な長さにカットします。
短くしすぎないように、ご注意ください。

ヘッドアイの位置が決まりましたら、アイを動かしたのでアイの付け根に
隙間があいているかもしれません、乾燥後、瞬間接着剤でとめたり、もう1回
デッピングして、今のアイの位置を固定、防水しておきます。
リップも角を落したりして綺麗にしておきます。

アルミ(スタンダードは、頭とボディを別々に貼っています)
e0198329_9121.jpg


さて、いよいよ仕上げです。
キッチン用のアルミテープを型を元にして作成し、ボディに貼りましょう。
鱗模様などは、最初にやすりの表面模様を写し取ってから貼っても良いし
今回の様に、貼りつけしてからナイフを押しつけて書いても良いですよ
アルミテープはよく伸びますので、特にヘリなどは、丸いもの(キャップなど)
でこすって滑らかにしておきます。
側線は、リューターのノコ歯を転がして付けました。

イワナ用のバッタは、フリーハンドで作ります。
かっちりしたラインより、イワナ君には、不規則なラインのほうが好まれる
ような気がするのは、私だけでしょうか?
おなかの縞縞がミソです。
おなかの茶色は、copicのサインペン、まだらにムラになるように
塗るとリアルです。

アルミの上からも、サインペン(copic)とプラカラーで着色しました。
アルミの上に、プラカラーのクリアイエローを塗ると、金モデルになります。
目も取付しましょう、バッタの目は、ネイル用のビーズです。
(お母さんが持っているかも、拝借しちゃいましょう)

スプレーガンの有るかたは、背中にネットなどをかぶせて吹きつけすると
市販品のような鱗模様を描くことができますよ
ナイフの切り込みを背中の木部まで入れて、薄い塗料を切れ目に染み込みさせても
鱗模様が描けます。

ミノー完成(ランドロックのイワナ、サクラなどに)
e0198329_9136100.jpg


着色が終わったら、良く乾燥させましょう。
色止めとして、クリアラッカーを吹きつけしますが、特に1回目はかけすぎないように
さっと 吹きつけましょう。(1回目に、たくさん掛けると色が流れます)
その後、ラッカーを3回ほど繰り返します。

出来たら、ここで1週間ほど空けると良いですね
ラッカーが乾燥していないと、ウレタンに付けたとき色が流れたり
シワが入ったりしてしまいます。
そう言っている私も、バッタでちょいと失敗、お腹の縞縞が流れたのが半分ありました。
売り物ではないので、お気楽ですが、

バッタ完成(夏の沢イワナに、効果絶大?)
e0198329_92438.jpg


ウレタンに5回ほど付けてやれば完成です。
アイやリップに溜まったウレタンは、ナイフなどでこまめに取っておきましょう。


もし、こんなルアーでも使ってみたいという方がいらっしゃたらご連絡ください。
プレゼントします。(ワカサギ1コ、バッタ2コ、3名様)
いないか・・・
もし、万一ほしい方がいらっしゃるなら、
ここからメールしてください。
(ワカサギかバッタか、お問い合わせ欄に書いてね
  住所も必ず記入して下さい、送れないので・・)

次回からは、安倍川支流、藤代川釣行をレポートします。

ps
ワカサギは、ご希望あり、なくなりました。
[PR]
by choogyo | 2011-04-30 09:32 | | Trackback | Comments(0)

東京羽田、シーバスがおもしろい

簡単ルアー作成②の予定でしたが、またまた変更です。
すみません。

徳永プロからご依頼のヒラマサの剥製が出来あがったので
納品してきました。
ご納得いただけたようで、早速店内に展示していただきましたよ。

BASS MATEさん twiteerもみてね
e0198329_8395087.jpg


昔の話やらなんやらしているうちに、ナイトシーバスに行く事に
今は、バチヌケ狙いがおもしろいよとのことで、
徳永氏に、お勧めルアーをチョイスしていただきました。

ただちょっと潮が気になるところです。
バチヌケなので狙いは日が落ちてからとなりますが
となると、今は6時以降なのですが、干潮が8時と
条件にしては、あまり良くないですね

よく上げ7部、下げ3部といい、満潮を挟んで
前後3時間くらいの所がベストとは思うのですが
ポイントを知り尽くしたプロのご案内なので安心です。

e0198329_8402147.jpg

日が暮れて、いよいよ出船です。
工場の明かりが綺麗です。
ナイトクルーズを兼ねた女性アングラーも増えているようですよ
これから暖かくなりますので、いかがでしょうか
羽田のジェットも夜はロマンチックね
(私には似合わないけど)

さて、今回はさらに悪条件が追加、「風」です。
かなり吹いてしまいましたので、風裏を回りながら開始です。

ストラクチャーと照明の明暗の境目をトレースします。
即、コンコンのあたりです。
渓流主体の私は、ここで合わせが入っちゃいます。
   (手が勝手に動いちゃうのね、渓流の場合は、1発必中があたりまえ
    2回目は追わないのが普通なので)
グッーと来るまで合わせず、スローでのアドバイス
この後は、続々ヒット、
でも30~40クラスで、ちイっとものたりない
    頭がでかいので、キャップをかぶると、もっと不細工な私です。
e0198329_8405613.jpg

移動です。
少し外に出て、大型タンカーの脇も狙います。
ここでは、50クラスが出てくれました。
しかし、風のうねりが強く、あたりが止まったところで、湾奥に
再度移動、潮は干潮で、完全に止まってしまいました。

今日のルアーです。
左から、Megabass X-80SW、X-120SW、
X-68 BAY CAT
雑誌の写真中央は、徳永プロ こんなやつが出たら最高すね
e0198329_8413171.jpg

ボイルを探してみようと2-3か所回ります。
やっと発見
フローティングでやってみます。
ルアーは、Megabass のDOG-X チャートの87ミリ
が超お勧め、なのですが・・・
e0198329_842395.jpg

写真には有りません、ケースのみです・・・
ご想像どおり、痛恨のミスキャストで、工場を釣っちゃいました。
今日一番だったのに・・・
左は、ローリングベイト 前回の夏はこれのみがヒット
       くいしぶった時に威力あり(今回は使用せず)
中央は、Megabass SP ZONK 77ミリ
独特のスタビライザー(リップ)がデッドスローでうねる、
スライドする、こいつも結構ヒットしました。

ブンとキャスト
スローで、ボイルポイントへ

バッシュ
と水面が炸裂

おもしろい!!

ここで60登場です。
e0198329_8423522.jpg

条件が良ければ、これがアベレージとの事ですが
今回のような最悪条件でも、彼なら大丈夫です。
みなさん、安心して船長におまかせしましょう

影を引くと、メバルさんも、
20センチ強ですが、入れ食いです。
煮付けにしたらおいしそう。
e0198329_8425759.jpg

徳永プロのBASS MATEさんのサイトです。
シーバスガイドの申し込みもこちらから、

ナイトフッシングも面白いよ!!!
彼女もつれてきたら、感激してくれるかも
なんせ、工場の明かりが、めっちゃくちゃ綺麗です。

この後は、釣魚部恒例、飲み会す。
2時過ぎまで飲んじゃいました、
徳永プロ、今日はありがとうございました。
またOB会もやりたいね。
[PR]
by choogyo | 2011-04-19 09:03 | | Trackback | Comments(0)

初釣りに、行ってきました

やっと重たい腰を上げて行ってまいりました。
ルアーをつくろう②の予定でしたが、
変更いたしました。

天気予報を聞きながら、30日は暖かそうです。
でも、ラジオから飛騨地方は、夜は雪、飛騨清美から
チェーン規制とか・・・・
今年は、雪の季節がが長いね・・・
夏の渇水の心配はなさそうですが。

てな訳で、雪の無い、木曽川にいたしました。
この軟弱な選択がいかがなるでしょうか?
たぶん、他の方も同じような考えなら、この方面は
人的にきびしいかな・・・ルアーだし・・

どこに入るかも決めないまま、ゆっくり5時出発
寝覚ノ床を7時に通過します。

e0198329_8464290.jpg

                                小川本流 水量が少ない?

まずは、小川をのぞいてみることにしました。
雪はほとんど有りません、雪しろで増水もしておらず
以外に水位が低いのです。
ちょっとびっくり、夏はやばいのかな、???

探釣開始です。
淵を中心に、開きの浅いところから、流れ込みの下
巻き返しと、フローティングからシンキング、
ミノー、スプーン、スピナーと試していきますが
全く生命反応がゼロです。

気温も高く、水温も手で触った感じでは特に低いとも
感じられず?。なして・・・・

e0198329_847772.jpg

                               沢の大淵  追う影もなし

ついに本流では、1回のチェィスもなく、むなしく終了
沢も少しのぞきましたが、ここでは、1回20センチ
ほどのイワナが足元まで追いましたが、口は使いません。

何とか1匹でも顔が見たいので、大きいのはいないけど
あそこならと場所を変えることにいたしました。

e0198329_8473744.jpg

                               小川から見る木曽駒ケ岳

次は、菅川の合流点付近。
1投目、なんとルアーを追う影、20弱のアマゴです。
チクンと引っかかりましたがフッキングせず。
この後、数尾の追いがありました。
小川とは生命感が違います。

そして菅川で、なんとか初物ゲットです。
22センチのアマゴ
ヒレの欠けもなく、綺麗な魚体なので、成魚放流物で
無いことは確かですが、この時期にしてはサビが全くない
綺麗すぎるかな。

e0198329_848436.jpg

                                       初物

時計は、午後2時、釣り開始からなんと6時間です。
写真を撮って、リリースして、・・・
工事のユンボ発見・・・
工事区間通過
気を取り直して、再開、 

・・追いが無い・・

あー  先行者だ!
やぁーめたっと

e0198329_8483515.jpg

                         サビもなく綺麗なアマゴ、22センチ

今年はなんか苦労しそうな予感です。
[PR]
by choogyo | 2011-04-09 09:00 | | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

カテゴリ

全体
ようこそ釣魚百態へ



トピックス

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧