魚類剥製工房 東海釣魚堂のブログです。名古屋 おさかな3D!


by choogyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

www.choogyo.com

ブログパーツ

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東海大学の同窓会イベント

7月の第一日曜日、東海大学の同窓会イベントが
静岡県、焼津で行われました。
名古屋地区には、同窓会が無いので
時々、参加させていただいています。

大学卒業後は、焼津に7年、静岡に2年ほど勤めていましたので
当時は、いろいろなイベントに参加していましたが
今回のイベント、地引網&バーベキューは久しぶりです。

先輩、後輩の皆様、いつもおじゃまして申し訳ありません。
ありがとうございます。
e0198329_904274.jpg

e0198329_913831.jpg


さて、当日は快晴、集合時間の1時間前に到着してしまいましたので
海岸をお散歩してみました。

なんと、釣り人がいっぱいす。
近づいてみると、みなさんジグを投げているようです。
どうやら、最近ワカシの群れが接岸するようで
釣果をのぞきにいくと、ポツポツ程度
今日は、大潮なんだけど、寄りが悪いとの事
タコ狙いの人も、タコは今年はたくさんいるようです。

今日の朝、定置網の状況も聞きましたが、ゴマサバばっかしですよ
と 嘆いておりましたね。

今年は、なんか変だそうです。
東北であれだけ海底が動いたからね
海流や魚の回遊にも影響が有るのかも・・・

ん・・・・
今日の地引網は、あまり良くないかもしれませんね
それにタコが大漁ってことは、エビ、カニなどはやられちゃってるかも・・
e0198329_944055.jpg

e0198329_95328.jpg


いよいよ、地引網開始です。
ここは、ちびっこさんとパパ、ママにおまかせ
獲れたお魚は、即ちびっこのおもちゃです。
もちろん、危険なお魚はチェック済みす。
e0198329_952934.jpg

予想どおり、あんましの内容でしたが、ちびっこは大喜びです。
ここから、将来のお魚きちがい・・ 、お魚大好き人間が生まれるかもね

ちびっこに阻まれて近付けなかったのですが、なんとか撮った写真から
撮れた魚を調べてみました。(久しぶり!! タコは除くっす)

キタマクラ  canthigaster rivulatus
e0198329_961364.jpg

クサフグ   fugu niphobies
e0198329_964197.jpg

キュウセン  めす halichoeres poecilopterus
e0198329_971176.jpg

コスジイシモチ apogon endekataenia
e0198329_9134469.jpg

シロアマダイ  branchiostegus argentatus
  本日の大物というか、超高級魚、おいしかったよ
  アカアマダイは良くお会いしますが
  シロの、シカモ生きたのは初めてかも
e0198329_98046.jpg

たぶん ホンベラの幼魚
e0198329_984681.jpg

不明 ハゼかギンポの仲間?
e0198329_9173965.jpg

マトダイ(マトウダイ) zeus japonicus
e0198329_993374.jpg

メゴチ (ネズミゴチ) callionymus puncatus
e0198329_995366.jpg

たぶん マアジ
e0198329_9101276.jpg

カサコ゜ sebastiscus marmoratus
e0198329_9102985.jpg


この後は、バーベキューで腹ごしらえ、夕方まで先輩のところで
暇をつぶして、シーバスを狙いに行きます。
焼津港は、けっこう良型のシーバスがいるのですが、
今日は海が穏やかなので、入っていないかも
場所は、焼津ホテル前の黒石川の河口です。
船舶用のスロープで、ベイトのもじり
コツンと来たのですが、乗せる事はできませんでした。
その後も、散発的にボコッとスズキらしきボイルは有るのですが
私のルアーには反応せず。
10時頃、名古屋に向かって高速に入りました。

同じ場所で釣った私のレコード
焼津港の87センチ
e0198329_911445.jpg

e0198329_9112210.jpg

東海大卒業生の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by choogyo | 2011-07-29 09:18 | | Trackback | Comments(0)

高根第一ダム、リザーバーをねらって②

さて、幸先良く、第一投で尺イワナのチェイスです。
期待は膨らみます。

しかしながら、水位が低いためか、風のせいなのか
流木が多く、苦戦を強いられます。
流木の隙間を狙って、スプーン、ミノーと引いてみますがまともに引くことができません
30分ほどはノーチェイスというかノースイミング

流木だらけの岬のポイント
e0198329_9204260.jpg



流れ込みには、流木もなく、ぶっつけの淵も
できておりました。
岬からは、ガケになっているため射程距離まで
近ずくことができません。

そこで、沢の合流点から下って、流木の無い流れ込みを
ダイレクトに狙ってみようかと思案していたまさに
その時・・・

突然、まっ茶色の濁流が、ものすごい勢いで
入ってきました。
どうやら上流で、ゲリラ豪雨の様です。
沢も鉄砲水の様です。
入らなくてよかった・・・

今日のイン
e0198329_930374.jpg


突然濁るインレット
e0198329_9215336.jpg


30分もすると、手のつけられない状態です。
このポイントをあきらめて、もう一つのインレット
布川、日和田川のポイントヘ
ここでは、流木はまったくなく、ヘラ釣りの方がお二人
今日はウグイばっかしだ  とのこと
ヘラが1匹だけビクに入っていました。

満水なら、写真中央の岬あたりがポイントになりそうです。
   釣っているところは、平坦なシャローで水の中ですかね
e0198329_9222283.jpg


このポイントは流れが全くなく、先のポイントとは正反対に、
静かすぎるほどです。
川もほとんど水が流れ込んでいない状態
(こっちの上流では、雨は降っていないのね)
写真の右方向に、放水口があり、ドウドウと音を立てて
流れ込んでいます。
ひょっとすると、布川の水は取り水されているかもしれません。
回遊狙いで、2時間ほど粘りましたが、ノーチェィス


そんな時、トレースラインを横切るように黒い影
ラインをひっかけたようで・・・・
コイす。 
なんと自分からスレ掛りですよ  
かんべんしてねッテ感じ・・・

あやうくルアーを取られそうに
水面でバシャバシャしているうちに外れてくれましたが
50センチくらいありそうでした。
コイがひっかかっちゃった事で、やる気がポッキリ
ダムの対岸に道が有るようなので、うますれば
排水口に近ずけるかもと思っていたのですが・・・

うう・・・・
このままでは、魚の写真が撮れないよ

で、水系を木曽川に変更してみることに
今回は、なんと 御嶽山を1周することになってしまいました。

濁流の木曽川
e0198329_9225198.jpg


木曽水系にはいると、状況は、さらに悪化
本流は、超 超 濁流・・・

しかたないので、濁らない菅川に
でも、ここは小さいのよね

菅川では、入れ食いです。
200mくらいしかやっていませんが、20センチ前後
(一番大きいのでも23センチくらい)
が、つぎつぎと、
2桁釣れたかな、
でも予想通りリリースサイズばっかし
しかもアマゴは1匹も現れませんでした。
何とか、お魚の写真も撮れたので納竿です。

菅川のイワナ おちびさん
e0198329_9232755.jpg

菅川のイワナ バッタの威力?
e0198329_9234640.jpg

菅川のイワナ 瀬はスピナーで
e0198329_92406.jpg


疲れた・・・
[PR]
by choogyo | 2011-07-19 09:39 | | Trackback | Comments(0)

高根第一ダム、リザーバーをねらって①


6月23日、梅雨の隙間狙いで、かねてから一度訪ねたいと
思っていた、高根第一ダムに行ってみることにしました。

22日の名古屋は32度、夕方から雨だが、翌日の天気は
曇りのち晴れ とまずまず、高山も多少降水確率は高いものの
同じような予報でした。

しかし、まさかの大はずれ、局地的な豪雨が各地を襲い
すぐ近くの上高地では、豪雨の為、道路がいたるところで
崩落し、1200名以上が、孤立する事態ににりました。

何となく、結果はおわかりと思いますが・・・・

きっかけとなった、雑誌の記事から
e0198329_950251.jpg


名古屋を午前3時に出発、行きは高速を飛騨清美まで
中部縦貫で高山にでます。
その先は、361号(美女街道)をひたすら走ります。
高根第一ダム到着は、7時半頃でした。

時折、雨が強くは降るのですが、長くは続かず、
薄日がさすことも、そんなへんてこりんな天気です。
たぶん、これがゲリラ型の雨の降り方かもしれませんね

まずは、バックウォーターの流れ込み、益田川本流を
橋の上から、見てみます。
本流は、増水ぎみではありますが、濁りは全くありません
同じくバックウォーターに流れ込む、阿多野郷川は、
ささ濁りではありますが、釣りも出来そうです。
ダムがだめなら、この2本の川でも探釣してみようと
考えておりました。

雑誌から、満水の流れ込み
   釣り人の右手のあたりには、水中に切り株があります。
e0198329_9514266.jpg


今回の流れ込み
   雑誌と同じ位置から、撮影しました。
e0198329_952282.jpg


もし、バックウォーターがこのあたりにあるなら
阿多野郷川の橋の横に踏み跡が有りますので、
流れ込みまで行く事が出来そうです。
岬のポイントが終わったら行ってみる予定でした。

阿多野郷川ぞいの林道は、100mも行くと道は有りますが
木々が張り出し、車は通れません。長く使われていない様です。
5月のワカサギ接岸の頃には、たくさん車が止まるのでしょうか
天然の大Pとなっております。

さて、写真にも有るように、ダムはかなり水位が低い状態です。
ここに行きたいときっかけとなった、雑誌の記事の写真と
みくらべてください。
この時期に、なんでこんなに低いのかな・・・・
もしかして、浜岡を停めたから・・・・(ここは中電です)

岬のポイントから、国道の橋に向けてのショット
   これも、上の雑誌の撮影ポイントと同じです。
e0198329_9531195.jpg


今回は、バックウォーターは、岬のポイント付近となっていました。
比べると地形が良く分かります。
ストラクチャーなどを頭に入れておくと次回の参考になりそうです。

岬のポイントには、トンネルの出口(下流側)に車1-2台の入る
20Mほどの行き止まりの道が有ります。
Uターンは出来ないので、バックで入りましょう。
この道の奥に、踏み跡が有り、木製の梯子もついております。

さて、とりあえず、第一投は、流木の隙間を
スプーンで足元の巻きかえしに・・・・

おおお・・・

チェイスです。
30は、かるくオーバーしています。
喰え・・喰え・・・
あと3m・・ 白い縁取りのヒレ確認・・・
イワナす・・・あと2m・・・
・・・・
・・・・・・・さいなら・・・

いいじゃない、!!

ようし、やってみよう

以下、次回にて
[PR]
by choogyo | 2011-07-09 10:04 | | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

カテゴリ

全体
ようこそ釣魚百態へ



トピックス

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧