魚類剥製工房 東海釣魚堂のブログです。名古屋 おさかな3D!


by choogyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

www.choogyo.com

ブログパーツ

梓川 ブラウン 今年も始動です

4月25日、今年も梓川に行ってみました。
4月は、一昨年以来、釣果に恵まれない
月ですが、今年はどうでしょうか?
同行は、毎年恒例となってしまった
イシグロ釣具のMさんです。
e0198329_10211704.jpg

     白馬かな? 天気良好

彼は、昨日、琵琶湖のバスにおでかけし
連荘出漁、今年の琵琶湖は、40年ぶり
の稚鮎の不良で、大変なことになっている
ようです。
湖産鮎が獲れず、放流に回せないとのこと
鮎の解禁も間近ですが、なかなか大変な
アユ釣りとなりそうですね。
e0198329_10230507.jpg
   公園の梅と桜、土日は
   花見で、にぎわったのかな

こんな話をしながら運転すると、あっと
いう間に松本、梓川到着です。
天気良好(明日からまた雨の予報)あったか
ウラウラで、桜満開、梅も満開、
チューリップも満開・・・・・
さぁて、ブラウンさんのご機嫌は
いかがでしょうか
e0198329_10242815.jpg
    新芽もポツポツ
    ちょっと水量多し

本流は、数日前の大雨での増水が、
落ち着きましたが、現着すると、まだ
少々高いようですが水はクリアです。
ただ、水温は、正確に測ったわけでは訳では
ありませんが「やや低い感じ」です。
2016年は、1回も本流を攻めることが
出来なかったので、久々の本流チャレンジ
となりました。
e0198329_10245255.jpg
    放水口、ダムの水も
    それほど濁っていませんが?
e0198329_13352028.jpg
予想通り? お魚さんの活性は悪いようで
淵を中心に攻めてみますが、チェィスすら
全くありません。
そこで、Mさんが浅めの暖流帯を攻めると
ファーストヒット、思いっきり下流に走られ
ましたが、38ブラウンをキャッチ
その後、場所を移動して、Mさん2匹目
32をキャッチ・・・・
e0198329_10254762.jpg
    ファーストヒット 38
e0198329_10263192.jpg
   セカンドヒット 32
   落ちてたバケツに入れて
   撮影
e0198329_10342436.jpg
   どこにも欠損やキズの
   ない美しい魚体です。
   ネイティブだね

わたくしは、20に満たないチビ1尾
ちょいと焦りますが・・・
梓の神様は、やさしいね
この日のラストヒットは、わたし
強烈な引き・・・そしてジャンプ
けっこうでかいぜと、慎重にランディング
42センチのオスのブラウンでした。
梓川、3年目にして、初めてのオスです。
やっぱ、トラウトは、オスがかっこいいよね!!

e0198329_10281573.jpg
    初ゲット おす42
e0198329_10283236.jpg
  ちょっと鼻曲がり、
  かっこいい!!!

e0198329_10511955.jpg
先日、作成したオリジナルルアーでゲット
フックは、このありさま






[PR]
# by choogyo | 2017-04-26 10:37 | | Trackback | Comments(0)

川に行ってみた ・・・・・

4月14日、天気もよさそうなので、
川を覗いてみることに
4月は、いい思いをしたことがない
ので、期待はしていなかったのです
が・・・
はは 案の定 ボウズ でした。

中部地区をあまり知らない方もいる
と思うので簡単な地図を描いてみま
した。
e0198329_11222200.jpg
  地図に間違いあり
    (日本海、太平洋の表示)
  九頭竜川B地区は、日本海に
  入る川です。

      
この辺りは、大日ヶ岳を中心にして
3つの方面が一緒になるところです。
A地区は、長良川水系で比較的あた
たかく春の目覚めも早いところ、
この日は桜が満開でしたよ

B地区は、九頭竜川水系で、下流部
ではただいまサクラマスのベスト
シーズンです。
春のお目覚めは、ちょっと遅くて、
今回は油坂峠を超えると、路側には
雪が結構たくさん残っていました。
川原に雪はありませんが、草木は
まだ眠っているようで、若葉もなく
桜も、ちょっと膨らんできたかな
って程度でした。

C地区は、完全に日本海気候、まだ
雪の中でしょうか?
有名な、荘川桜の見ごろは、GWに
なります。

溪魚で言えば
A地区は、 アマゴ、サツキマス、
ニッコウイワナ、ヤマトイワナ 
となります
B地区、C地区は、ヤマメ、
サクラマス、ニッコウイワナですね。
e0198329_11232074.jpg
   キャンプ場すぐ上で、復旧
   には、かなりかかりそう、
   のり面崩落の範囲が大きいです

この日は、石徹白下流を狙ったので
すが、がけ崩れで行けず、九頭竜本流
をやりにいくと、ダムの放水で大増水
(+30センチ)、水はクリアなの
ですが水温低下なのか、全く生命感なし
e0198329_11252996.jpg
    草木の芽吹きなく
    沢は、雪で埋まってます。

そういえば、油坂峠を超えるとき
マイカーが言ってたっけ
「外気温が、下がりました、注意し
てください」って
確かに、白鳥で4度あった気温が、
このとき1度
峠をこえて、九頭竜湖が見えた時は
-1度でした。
この頃の車は、よくしゃべるね


午後は、一気に郡上八幡まで下って、
吉田川に探りを入れてみます。
といっても、移動は1時間もかかり
ません

e0198329_11273625.jpg
       吉田川です
e0198329_11274660.jpg
    上の、九頭竜の景色とは
    全然違うでしょ
    この辺りは、1か月間の
    気候が1時間以内の時間距離
    にあるところです
e0198329_11275768.jpg
    吉田川のお花、スミレ??
    魚の写真がないので、これで

こちらは春満開、でも釣り人も満開
・・・平日なのに 多いよん
で、下流部をやってみました。

アマゴのチビがルアーを追います。
イワナも追います。40近いのが
追います。
追います・・・・追います・・・・
追います・・・・追います・・・・

はぁ 口を開けません
フラストレーションが溜まります。

ここは、川に降りるのが大変なのよ
両岸ががけになってるところが、
ほとんど
川通しに行けるのは、わずかな距離、
また登って、また降りる

当然、もう叩かれた後でしょうしね。
時間は午後2時をすぎ、完全に時合
も外してるし
朝一に、ここにきてれば
ここだったら・・・・・ 
タラれば おじさんです。

e0198329_11313663.jpg
   今年の新作ルアー、
   スイムテストは、できたかな
   対ブラウン用、ピンクのパー入り



[PR]
# by choogyo | 2017-04-15 11:38 | | Trackback | Comments(0)

カサゴ カサゴ           ガッシー ガッキーあれ?

月1回の船釣り、この時期はあまり釣りものが
無いのよね・・・・知多は???
メバル ヒラメは、ほぼ終了
ウタセエビがまだ捕れないので、タイもスズキも
本格的には無理、キス、カレイはボツボツで
今一、といったところでしょうか

工房に集まって、「どうしよ~  何にしよ~」
で結局、カサゴに落ち着きました。
e0198329_17325204.jpg
       ポイントは、もう少し外洋に出たところ
       朝は、波風穏やかでしたが、11時ころ
       から急変、寒いので12時に終了

船頭てっちゃんに、「ちぃこいのはいらんから」って
言ったら
OK じゃ いつもと違うとこね・・・
深いでぇ・・・・っと

場所は、渥美半島の真西、湾と外洋の境目当り
水深は、90M~100M と確かに深い
底は、巨岩がゴロゴロしているような
感じで、数M移動すると10M単位で変化する
ような感じ、状況が飲み込めるまで
船内、根がかりが頻発しますが、状況がわかると
当たりも頻発に
e0198329_17352128.jpg
e0198329_17360289.jpg
        真っ赤に、怒っとります!!

湾内のカサゴは、20㎝弱が主体ですが
ここのは、確かに24cm主体と頭一つ大きいです。
エサもいろいろと試してみました。

カサゴ君の好き嫌い

サバ切り身  あまり好みでない

オキアミ   大好き だけど針かがりの確率が低い
       水深100Mなので、時間ロス多し

アナゴ切り身  まあまあすきだけど、大好きって
        程ではない。
       エサ持ちがバツグンなので掛かるまで
       巻き上げなくていい

冷凍小ハゼ  大、大、大好き!!!
       エサ持ちもアナゴ程ではないけど
       まあまあ、ハゼ1ピキとカサゴ2-3ピキ
       の交換かな、
e0198329_17371392.jpg
       冷凍の小ハゼ、これが一番
       行かれる方は、忘れずにね

で、終わってみれば
3人で97匹
  MAX 27㎝、平均24㎝とまあまあ
  お刺身可能サイズが、これだけそろうとうれしいね!!
e0198329_17382857.jpg

   グッチャリ、真っ赤
e0198329_17384976.jpg
    MAX27センチ、
お刺身サイズが多かったよ

4月2日、今年も、イシグロ鮎フェスタ西春に参加してきました。
e0198329_17452889.jpg
e0198329_18131700.jpg
e0198329_17493489.jpg
次回は、重たい腰をやっと上げて
トラウトに出撃です。
寒いの嫌い、年だし・・年々遅くなります。
e0198329_15395698.png





[PR]
# by choogyo | 2017-04-07 17:50 | | Trackback | Comments(0)

春かな?  メバルをやってみたけど

3月9日、メバル釣りに行ってみました。
しかし、師崎の釣り船は、休業日でアウト
豊浜の大進丸さんから、出船となりました。
豊浜は、出船が早いのね、師崎は7時ですが
豊浜は6時・・・・
この日は、風強く、めっちゃ寒い
風で波がしらが、白く吹き飛びます。
e0198329_11034360.jpg
     豊浜から出船、写真中央の茶色いビルは
     まるは食堂の本店です。
e0198329_11055712.jpg
         風が強い!!!   寒い!!!!
         釣れない !!!!!!!!!!!!

仕掛けは、こませかご付、のサビキ仕掛け
ハリス1.2号、6~7本針ですが
サビキだけでは、食いが悪いのでエサを
付けるそうです。
で・・用意したエサは
シラウオ (生き餌と冷凍)
アミエビ
小はぜ
ワーム(イトコンも)
まずは、生餌のシラウオから、下あごからさして
付けます。  ヌルヌルでつけにくいですが
胴にさすとすぐ死んでしまうし、針も回るので
ご注意を! 手がかじかんで付けれないよ・・・・
e0198329_13490993.jpg
      ポイントは、神島の西
      写真右端の小さな岩礁の周りです。
      たぶん海中は、山のようになって
      いるのでしょう。

初めて見ると、食いは、非常にしぶい
型もいまいちで、20~23といったところ
結果的には、3人で30にととかず、27・・・・
最大で、25センチと とってもお暇な釣りでした。
船頭も、頻繁にポイント替えしていただけましたが
この日は、どこに行ってもアウト、
他のお客さんも平均5匹なので、われわれとしては
釣れてたほうでした。
e0198329_11085417.jpg
e0198329_11092230.jpg
      1人分なら、数はまあまあだけど・・・
      3人分です。  小ぶり

6月の夜マダカで釣れるメバルは、尺には届きませんが
27~29なので、もう少し待ったほうがいいかもね!
静岡の後輩Mさんが、焼津港で尺物バンバンだったそうな
いいなぁ・・・・

Mさんの記事は、下記をクリック




[PR]
# by choogyo | 2017-03-11 11:15 | | Trackback | Comments(0)

渓流解禁!!!

3月1日、今年も渓流釣りが解禁しましたね
行かれた方は、いかがだったですか
私の解禁は、もう少し後、桜が終わってからに
なりますので、そろそろ今年のルアーの作成に
入ろうかな といったところです。

さて、釣りとはあまり関係ないのですが
お魚関係ということで、3月1日は、気になる
「うなぎやさん」へ行ってきました。
TVのPS純金で、紹介していた
「うなぎの釜飯」なるものを体験です。
釜飯は、初めてでしたが、なかなかおいしかったですよ。
小ぶりですが、1尾丸ごと入っています。
e0198329_10150790.jpg
左のバナーで、「剥製工房、東海釣魚堂」のHPに、ぜひ見てね
3月4日、ギャラリーを更新しましたよ

釜飯なので、うなぎは軟らかくなっていますが
うなぎのエキスが、ごはん全体にひろがっいて
うなぎの身もおいしいのですが、ごはんが格別です。
また、おこげが何とも言えないですね。
最後は、だしをかけてさらっと味わうって感じでした。
このうなぎやさんは、瀬戸市の「ふじ川」さんです。
e0198329_10154061.jpg
他によく行く「うなぎやさん」は、
星ヶ丘三越のレストラン街にある
「うなぎの宮田」さんかな(大須が本店?)
パリ、フワのオーソドックスな味わいの老舗です。
うなどんは、ここが一番私にあっているかな
まあまあ、リーズナブルだし
買い物のついでに行くことが多いですよ

名古屋人は、濃い味が好き とか言われるけど
私は、どっちかっていうとあまり好きじゃないかな
いつだったか、良さそうなうなぎやさんにはいったら
まるで、ウナギの佃煮みたいのが乗っかってた
身欠きにしんのように、身の中まで真っ黒け
さすがに半分残しましたよ
まあ、人それぞれ、好みですが・・・・・

今は、貴重なうなぎですが、釣れるんですよ
竹の先に、短いタコ糸と針を付けて、エサのミミズや
ザリガニを付けたら、針先を竹の先にちょこっと刺して
穴の中、や石の間に突っ込んでやると、食いつきます。
うなぎのお休みする場所が一番問題ですが・・・・・

工房ニュース

たまってた、ご依頼品も次々と作成完了

さあ、釣りに行くぞ  でも寒いなぁ・・・・

e0198329_10184907.jpg
   サツキマスの剥製、長良川で「イバラマス」と呼ばれる
   朱斑点の大きなタイプで、婚姻色が良くて出ています。
   イバラマスは、シーズンの最後に遡上するタイプといわれ
   ています。

アクアトトさんでは、こんな説明をしていましたよ

サツキマスは、「トロ流し網」という流し刺し網漁で漁獲するんだ
そうです。
大橋さん兄弟の『長良川漁師口伝』によると、最初に上ってくる
サツキマスは平たく
タイのような格好で「オヒラマス」と呼ばれ、大きく見た目も良い
ため高く売れていたんだそうです。
漁期の最後のに上ってくる個体は小さくて、ちょうど川岸に
野イバラが咲き乱れる頃なので「イバラマス」。
アユ漁の解禁と重なって、イバラマスになるとあまり値がつかなく
なるんだそうな





[PR]
# by choogyo | 2017-03-02 10:22 | | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

カテゴリ

全体
ようこそ釣魚百態へ



トピックス

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧